来客があった時に特に注意するのは来客の目線上を特に綺麗に

突然の来客には普段の掃除の様子が出る

来訪者は何気なく掃除の状態を見ている

また、来訪者は来訪者で、特に初めて訪問する家に関しては結構シビアに家の中を見ているものです。
その目は自分の家の中を見るより細かく見ていますし、綺麗じゃないところは特に目ざといものです。
特に見られるところは玄関、リビング、トイレの三つに一番視線が行くようですし、チェックも怠り無くされてしまいますね。
それでこの家の主婦はこんなもんかと、心のなかで思っている人のなんと多いことでしょう。
全てがそうした意地の悪い人ばかりではないでしょうが、人の家を訪問する人は少なからず、チェック魔のように人の家の中を見てしまうものではないでしょうか。
そういった事があると余計に神経質に成ってしまい、来客のたびにおたおたしてしまうことになります。

その家にランクをつけてしまう人までいる

そうした人の中には底意地の悪い人もいるようで、訪問した家を見てその家のランク付けまでしてしまう人も中にはいるそうです。
まあこれはかなりの悪趣味ですが、意外と他人の家の中を見たときにこんなもんなんだと格付けみたいなものをしてしまう人が案外多いことは事実ではないかと思います。
内心そんな風に見られているかと思うと、あまり気分はよろしくないものですが、自分自身も他人の家に行ったときには同じような目で見ていることは無いでしょうか。
そう考えると人間というものは同じような思考で物を考えるものであり、行動も似通った所が多いのではないかと思ってしまいます。
まああまりに物事を細かく見るのも考え物なのでそこそこにしたいものですね。